• 谷塾
  • 谷塾オフィシャルホームページスポーツトレーニングアドバイスサイト
  • facebook
  • ブログ

活動報告

夏場に気をつけることは

2017/08/12

<質問>

夏場に気をつけた方が良いことはありますか?

<回答>
さぁ、暑い夏が始まりました!学校も夏休みに入り、いつもよりトレーニングや練習試合、公式戦の時間も増えてきますね!そんな中でまず始めに気をつけなければならないのが、体重の減少』

それは、体重の減少=筋肉量の減少だからです。これは、夏場に増える運動量に対して、食事での補給が追いついていないことを示しています。筋肉量が減るとパフォーマンスが落ちるだけでなく、怪我のリスクも高まります。充実した夏を過ごすためにも怪我だけには気をつけなければなりません。毎朝起きたら体重計に乗り、昨日の食事量を振り返り、今日の食事量をイメージします。
食欲がなくて…というケースも多いかと思いますが、今回は栄養学の基本からのアプローチではなく、夏に食べやすい料理!という観点で、夏バテ知らずの私の個人的な好みも交えながらいくつか紹介したいと思います。

例えば、食欲がない時に活躍するのが、中華&丼物系。豆腐たっぷりの辛口麻婆豆腐をどんぶりご飯にかけて。チャーハンに納豆を混ぜて納豆チャーハン。それらに半熟目玉焼きを乗せると栄養素アップ。野菜たっぷりの中華丼。野菜たっぷりのタンメン+キムチチャーハン。

熱をもって熱を制す!という発想を持つ韓国系の料理もおすすめ。余分な脂を落として豚肉を食べられるサムギョプサル。サンチュとキムチで更に食欲増進。ご飯も進みます。クッパやビビンバで野菜とご飯を同時摂取。チョレギサラダは、ごま油の香りが食べる葉の量を増やします。

これらは私のおすすめの夏食ですが、個人的な好みがあると思うので、自分好みの味のものを色々アレンジしたりしながら、いかに食べやすく、たくさん食べるられるか、という工夫をしてみてください。意外に美味しい発見も出てきたりして楽しくもありますよ!
そして、起きたら体重計。きっと良い変化が生まれてくることと思います!