• 谷塾
  • 谷塾オフィシャルホームページスポーツトレーニングアドバイスサイト
  • facebook
  • ブログ

活動報告

身体を差し込むためには

2017/08/22

<質問>
相手と一対一の時、どうしたら相手に上手く身体を入れることができますか?

<回答>

うまく身体を入れることができない選手に多く見られる局面が3つあります。

まず1つ目は、ボールを奪いにボールに向かってしまっているという局面。相手はボールまでのコースが開いているので、DFのわきをすり抜けていくことができます。すり抜けられないようにするために、相手とボールの間のスペースに身体を移動させれば、結果的に相手にうまく身体を入れている状態になります。

2つ目は、ショルダータックルの名の通りに肩からコンタクトしようとして入れ違ったりしてしまう局面。最も安定している重心を平行移動するようにお尻の横の大転子から相手の少し前に入り込むようにコンタクトできれば、うまく身体を入れていくことができます。

3つ目は、腕がうまく使えていない局面。腕を使おうとしていない、もしくは使っても手の甲が相手に向いてしまっている場合は、うまく入り込めません。手のひらを返して相手の前に腕を差し込むことによって大きな力で相手を押さえ込みながら、身体を滑り込ませていくことができます。

これら3つをクリアーできたら、うまく身体を入れられる選手になりますよ!