• 谷塾
  • 谷塾オフィシャルホームページスポーツトレーニングアドバイスサイト
  • facebook
  • ブログ

活動報告

ボディバランスを良くするためには

2017/07/03

<質問>
ボディバランスが悪いので良くしたいです。どのようにすれば良くなりますか?

<回答>
ボディバランスが悪いと感じる時は、どんな時ですか?

止まろうとした時、方向を変えようとした時、キックの時、ジャンプした時、競り合った時などなど、色々な局面でバランス能力が求められます。これらの全ての局面に対して共通して言えることは、『基本姿勢』を保てているかどうかということ。

まずは、この基本姿勢が維持できていないと、様々な局面において、バランスを保つことは難しくなります。両足で立った時、誰かに色々な角度から押してもらってみてください。そこで、グラッとふらつくか、ビクともしないか、が良い姿勢でいるかどうかの見極めになります。良い姿勢はビクともしません。
グラッとしたら、軽く胸を張るようにして肩甲骨(けんこうこつ)を寄せ、足の指で地面を押さえられるように立ってみてください。この時、肩甲骨に連動して、骨盤は前傾しています。そして、また押してもらってみてください。違いを体感できると思います。

両足立ちでバランスが保てるようになったら、一番動きやすい重心の高さで、片足立ちになり、バランスを保ちます。それができるようになったら、重心移動を伴って、動→静でバランスを保ちます。そして、動→動へと発展させていきます。

まずは、自分自身のコントロール下でのバランスを保てるようになりましょう!その先に、コンタクト局面で、バランスを崩さないようにする、コンタクトスキルを身につけていきましょう!