• 谷塾
  • 谷塾オフィシャルホームページスポーツトレーニングアドバイスサイト
  • facebook
  • ブログ
第一章

競技特性の捉え方ついて

私の専門種目であるサッカーを例に挙げて、考えていきたいと思います。
※競技種目が異なっても考え方は同じです

其の一:「量的な特性」について

次のデータは直近のワールドカップである南アフリカ大会のものです。
「移動距離とスピード」という観点からサッカーの競技特性を見てみます。

FIFAのWebサイトには全試合、全チーム、前選手の「移動距離とスピード」のデータが記載されています。
今回はその中から4項目をピックアップして見ていきます。

表1. 2010ワールドカップ 南アフリカ大会における移動距離、及びスピード(上位20選手)

table01

ここでは、1試合の平均移動距離と3種類のスピードによる運動時間の違いを示しています。

運動するスピードの違いにより、筋肉を動かすエネルギーを得る為の供給経路は異なります。
細かなメカニズムはわからなくても動くスピードや時間によって身体を動かすエネルギーの生み出し方は異なるということは理解が必要です。

何故なら、そのエネルギー供給経路の違いに対してのトレーニング方法も異なってくるからです。

energy

図1. 運動時間とエネルギー供給経路の関係

前出の表1のデータを、エネルギー供給経路別に円グラフで表示すると次のようになります。

graph01

図2. エネルギー供給別の時間割合

この比率を、実際のゲームの時間に当てはめてみます。

サッカーのゲーム時間は90分+アディショナル・タイムですが、実際のプレー時間(=アクチュアリー・タイム)は、ワールドカップレベルのゲームで60分、Jリーグレベルのゲームで50~55分程です。

アクチュアリー・タイムにおける3種のエネルギー供給経路の比率は次の様になります。

[ワールドカップレベル]
Low Power…48分Middle Power…6分High Power…6分

[Jリーグレベル]
Low Power…40~44分Middle Power…5~5.5分High Power…5~5.5分

このような割合でそれぞれの強度の運動が、ランダムに繰り返されていきます。

時間ではなく距離で比率を見てみると、
Low Power…70%Middle Power…15%High Power…15%となり、
例えば1試合10km走った場合の比率は、
Low Power…7kmMiddle Power…1.5kmHigh Power…1.5kmとなります。

自分が指導しているチームが、どの位のレベルで、どの位のアクチュアリー・タイムなのか。

それぞれの環境・状況に合わせた解釈が必要となります。

そして、この特性と状況を照らし合わせた上で、トレーニングの量を考えていく必要があります

皆さんは実際のゲームの「量」に対して、普段行っているトレーニングの「量」をどのように感じておられるでしょうか?
多いですか?
それとも少ないですか?

次回は運動量の捉え方についてのお話をします。

質問、感想はメールフォームからお願いいたします。
なお、質問の回答は質問者のお名前は伏せた形で、まとめてWebサイトへ掲載させていただきます。
(回答まで時間を頂く場合があります)